エミール・ガレ 作『チューリップ文花瓶』

エミール・ガレ  作『チューリップ文花瓶』
エミール・ガレ  作『チューリップ文花瓶』
作家名エミール・ガレ
作品名花瓶
買取方法出張買取
ご依頼地域兵庫県神戸市西区

買取参考価格 220,000

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。

※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

皆様、こんにちは。 緑和堂 京都本店でございます。
今回、ご紹介させて頂くお品物はエミール・ガレ 作『チューリップ文花瓶』になります。

こちらは兵庫県神戸市西区にお住いのお客様よりご依頼をしていただき、成立致しました。

エミール・ガレという名を聞いたことがある人も多いのでは無いでしょうか。
エミール・ガレは19世紀から20世紀にかけて活躍したフランスのガラス工芸作家です。
アールヌーヴォー期のガラス工芸作家としてまず名前が挙がるエミール・ガレ。
そんな彼に大きな影響を与えたのは1867年のパリ万博でした。このパリ万博では開国したばかりの日本文化、いわゆるジャポニズムが世界へと大きな影響を与えた、世界に日本という名を広めるきっかけになったものでした。
幼少期から自然観察、家庭での高い教養と教育、そして日本の自然感と美意識から、エミール・ガレの作風である自然モチーフが作られ、世界から高い評価を得ることになります。
遠く離れた異国の地の作家に大きな影響を日本が与えたというのも不思議な話ですね。

今回のお品物はエミール・ガレの作品の中でも、被せガラスとグラビュールやエッチングという技法を用いた作品です。何層ものガラスを被せ、それを錐のような先端の尖ったもので削ったり、酸で溶かしたりして下の層を表出させることで、立体的で不思議な色合いのものになります。
ガレの得意とした手法と言えるでしょう。
草花がメインになっているところもガレの作風であり、ジャポニズムの影響も良く見てとれます。
今回は箱など付属品もなく、本体のみということもあり、上記の評価となりました。
箱がある場合や状態によっては評価が変動致しますのでご了承下さいませ。

西洋美術・アンティーク買取はこちら

兵庫県神戸市西区の出張買取のご案内

査定・鑑定料、出張費すべて無料

フリーダイヤル 電話受付時間 11:00~18:30(水曜定休)

他店でご満足できる値段がつかなかったお品、価値があるかわからないお品など
確かな鑑定眼を持つ鑑定士が高くご評価させていただきます。

  • メールでの無料査定・お問合せ
  • LINEでの無料査定・お問合せ