茶道を習う女性

茶道の歴史について

日本での茶道は、いつ頃から楽しまれるようになったのかご存知でしょうか。 茶の知識が持ち込まれたのは、唐の陸羽が書いた『茶経』が最初とされています。 実際の茶の木については、西暦804年に空海や最澄が国内に持ち込みましたが …

掛け軸と生け花

掛け軸の歴史について

掛け軸が、日本へどのような使用目的で持ち込まれたかご存知でしょうか。 掛け軸は北宋時代の中国にて、『掛けて拝む』つまり礼拝を目的として利用されていたそうです。 仏教を広布するための手段として掛け軸は、大量に作成をすること …

お皿・入れ物などの陶器

骨董品の分類について

日本では、アンティーク=骨董品とも呼ばれることが多くございますが、海外では同じ骨董品でも、製造から経過した年月やその状態などにより細かく分類がされており、それごとに呼び名にも違いが存在することをご存知でしょうか。 それら …

茶器・壺などの骨董品類

骨董品とは

骨董品ってどんな物だろうと思ったことはありませんか。 日本のとある国語辞典では、骨董品のことを、 「希少価値や美術的な価値などのある古美術品や古道具類」と、一般的な意味の他に、「古いだけで価値がなく役にたたなくなったもの …