リーチ 風景画

バーナード・リーチ

バーナード・リーチさんはイギリス出身の芸術家です。 画家、陶芸家の他にデザイナーとしても知られています。 バーナード・リーチさんは官僚であった父の影響で香港で産声をあげました。 幼少期を日本で過ごした事で日本に憧れをいだ …

ウェッジウッド

西洋磁器ブランドのなかでも高い人気を誇るウェッジウッドは、ジョサイア・ウェッジウッドと言う一人の天才の手から生まれました。 ジョサイアは、バーラストンで陶芸の工房を営む父トーマス・ウェッジウッドと母メアリーの第13子とし …

芹沢銈介 南無阿弥陀仏

芹沢 銈介 

芹沢 銈介さんは1895年の春の終わりに静岡県にて産声をあげました。 その後、すくすくと育ち東京高等工業学校に入学し図案科卒業後に柳宗悦氏に出会いました。 芹沢 銈介さんと柳宗悦さんの関係は生涯続く事となります。 芹沢 …

佐々木 二六

三代目佐々木二六は1917年に愛媛県に生まれました。 1932年旧制三島中学校卒業後は、初代・二代のもとで陶磁器製造に従事し、1940年三代目佐々木二六を襲名しました。 二六焼の命名は、祖先で楽焼を製作した人から二代目に …

金谷 浄雲

金谷浄雲は、1933年富山県に生まれました。   鋳造家で、宮内庁からの依頼を受けて正倉院供物の複製を制作している釡師の般若勘渓(はんにゃかんけい)に師事します。   弟子入りした般若鋳造所において、唐銅風炉を主とする茶 …

松田 権六

松田権六は、1896年石川県金沢市に生まれました。 7歳の頃から仏壇職人の兄より蒔絵を習い始めます。 1925年に並木製作所(パイロット万年筆の前身)に入社し、万年筆やパイプなどに蒔絵を施し世界に広めました。 1927年 …

鎌田 幸二

陶芸家 鎌田幸二は、1948年京都に生まれました。 高等学校卒業後は、作陶を志し、五条坂共同登釜で清水正氏の指導を受けます。 京都府立陶工職業訓練校専攻科修了後は、指導員として働きながら共同登窯『鐘鋳窯(しょうじゅ)』に …

Cartier カルティエ

カルティエは、1847年にルイ・フランソワ・カルティエがフランスのパリにてジュエリーのメゾンを開いたのが始まりです。 腕時計が作られ始めたのは、40年ほど年月を経た1888年になります。親交の深い飛行家より飛行中にハンド …

エインズレイ

エインズレイの創始者であるジョン・エインズレイは、イギリスの炭鉱経営者でした。 彼は産業革命の追い風を受け、裕福な環境であったこともあり、やがて趣味の陶器作りが高じ、1775年には陶器工場を始めました。 銅板を利用した転 …

菊池 政光

釜師 菊池政光は、1937年に山形県に生まれました。 奥州山形鋳物の伝統を受け継ぎ、茶釜や鉄瓶、風炉等多くの作品を制作しています。 菊池氏は人間国宝茶釜師である高橋敬典に師事したのち、昭和48年(1973年)に独立し菊池 …

藤城 清治

藤城 清治は、日本を代表する影絵作家です。 影絵とは、動物や人物などに光を当てて、その影を投影したものの名称です。 影絵は日本だけでなく、あらゆる国で親しまれており、影絵芝居は世界的にもとても有名です。 元々絵を描くこと …

加藤 重高

加藤重高は、愛知県瀬戸市を代表とする陶芸家。 父は、瀬戸の名工 加藤唐九郎で、陶芸一家の二男として愛知県瀬戸市に生まれる。 愛知県立瀬戸窯業学校在学中より、父の唐九郎のもとで作陶生活をはじめる。 昭和41年には、日展で特 …

三浦 竹軒

三浦 竹軒は、京焼(清水焼)を代表とする京都府出身の陶芸家である。 京焼の名工『初代 三浦 竹泉』が父であり、三男として生まれた。 当初は、三代竹泉として活動をしていたが、昭和9年に独立をし、竹軒という名に改名をした。 …

楽吉左衛門

楽吉左衛門は千家十職の一つで楽焼の茶碗を制作する茶碗師が代々襲名している名称で当代は十五代となります。 楽焼のは桃山時代(16世紀)に楽家の初代であった長次郎によって始められ、その技術は近年の研究にて三彩陶というものとさ …

中村宗哲

中村宗哲は当代が十三代目となる千家十職の塗師の家門であります。 初代は江戸時代まで遡り、もともと豊臣家の臣下の武士でありましたが豊臣秀吉が征伐された大阪の陣より京都市中に静かな暮らしを求めたことが塗師を家業にしたきっかけ …

中村 信喬

中村信喬は現在までで四代続いている中村人形の三代目で福岡県の無形文化財であった中村衍涯を父に持つ人形師です。 1957年に福岡県に生まれた中村信喬は、九州産業大学芸術学部美術学科彫刻専攻を卒業し1980年に家業を継ぎまし …

山田 和

山田和は愛知県出身の陶芸家です。 1954年に日展作家であった山田健吉の息子として生まれた山田和は、叔父も人間国宝である三代山田常山といった陶芸一家で育ち、幼いころより父や叔父の仕事を見て育ったことから中学生の頃には轆轤 …

小泉 智英

昭和生まれの日本画家として一目置かれている存在、それは小泉智英です。 1944年に福島県に生まれた小泉智英は、多摩美術大学の日本画学科に入学後に横山操や加山又造に教えを乞うていた際にその生き様に感銘を受けたことをきっかけ …

横山 操

横山操は日本画の大きな転換期であった戦後画壇にて活躍した昭和を代表する日本画家の一人です。 1920年に新潟県に生まれた横山操は高校を卒業してから川端画学校にて学び、1940年には第12回青龍展にて「渡船場」にて初入選を …

鈴木 松年

鈴木松年(本名、謙)は明治から大正時代にかけて活躍をした日本画家であり、上村松園の最初の師としても知られております。 鈴木百年の長男として京都に生まれた鈴木松年は、幼いころから軍談や喧嘩を好んでおり父である百年から画を学 …

岩田 専太郎

岩田専太郎は長い挿絵の歴史の中でも長期間にわたって人気を持ち続けた挿絵画家です。 1901年に東京都に生まれた岩田専太郎ですが、印刷業を営んでいた岩田家はもともと徳川家の御家人であり、武家の商法であったことが影響して家計 …

本間 琢斎

新潟県佐渡の有名鋳金家である本間琢斎は、原得斎の長男として現在の柏崎市大久保に生まれた。 初代琢斎は、江戸にて小幡道斎に蝋型の技術を学んだ後に帰省し、蝋型鋳金工芸(ろうがたちゅうきん)の技術を駆使した工芸品の制作を開始し …

鉄画軒

中国上海の紫砂を使った作品を得意とした工房。 煎茶道具や盆栽道具など、多くの名品を世に残した。 鉄画軒の作品は、中国のみならず、日本や海外の煎茶愛好家から現在でも高い人気を誇る。

須田 賢司

須田賢司は1954年に東京都に生まれた木工芸師です。 指物師を二代にわたって営む家庭に生まれた須田賢司は、東京都立工芸高校を卒業した後に父である桑翠に師事すると同時に母方の祖父である山口春哉より漆芸を学びます。1975年 …