河井 武一 作『打掛茶碗』

河井 武一 作『打掛茶碗』
河井 武一 作『打掛茶碗』
作家名河井 武一
作品名河井 武一 作『打掛茶碗』
買取方法出張買取
ご依頼地域愛知県半田市

買取参考価格 10,000

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。

※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

皆様、こんにちは。 緑和堂 名古屋支店でございます。
今回、ご紹介させて頂く商品は河井 武一 作『打掛茶碗』になります。

こちらは半田市にお住いのお客様よりご依頼があり成立致しました。 

河井 武一は河井寛次郎の甥であり、寛次郎の一番弟子です

武一は1908年島根県安来に生まれます。
1927年寛次郎の元にて陶磁器の修行を開始します。

寛次郎の窯元へ修行に来ていたバーナード・リーチと共に作陶活動をしていました。寛次郎が没するまで40年近くにわたりその指導を受け、呉須、辰砂、飴釉、鉄釉など寛次郎の民藝芸術を伝承しました。

河井 寛次郎とは、大正・昭和にかけて京都を拠点に活動した日本を代表する陶芸家の一人です。
河井寛次郎は島根県に生まれ中学生のころから陶芸家を目指していました。
河井寛次郎氏の芸術性は国内のみならず海外でも高く評価され、人間国宝や文化勲章の授与等もありましたが辞退し、一陶工として焼き物に生涯向き合い続ける事を選択しました。
現在、東山五条に河井寛次郎記念館が建てられています。

今回のお品物は、打掛茶碗の品物ということ、傷や汚れも無い状態で、専用の木箱もありましたので、上記の評価額となりました。共箱がない場合や状態によっては価格が変動致しますのでご了承下さいませ。

緑和堂では、河井 武一の作品を集めております。
もちろん、それ以外のお品物も可能ですので、ご自身のコレクション整理やお片付けで出てきたお品物等ございましたら、是非お気軽にお問合せ下さいませ。
お客様からのお問合せ心よりお待ちしております。

茶道具・茶器買取はこちら

査定・鑑定料、出張費すべて無料
お気軽にご来店・ご相談下さい。

フリーダイヤル 電話受付時間 11:00~18:30(水曜定休)

他店でご満足できる値段がつかなかったお品、価値があるかわからないお品など
確かな鑑定眼を持つ鑑定士が高くご評価させていただきます。

  • メールでの無料査定・お問合せ
  • LINEでの無料査定・お問合せ