北川 民次

緑和堂は、洋画家「北川 民次」作品の鑑定・買取りを強化中です。
北川 民次作品に精通した専門の鑑定士が丁寧に査定致します。もし北川 民次の作品をお持ちでしたら、ぜひ緑和堂にご相談下さい。

作家情報

洋画家 北川 民次(きたがわ たみじ)

生没: 1894年~1989年

北川民次は日本の洋画家であり、児童美術の教育者としても活動した人物です。

北川民次は1894年、静岡県に生まれます。
地主でもある北川家は製茶業を営んでおり、アメリカへの日本茶輸出も手掛けていました。小学校卒業と共に静岡商業学校に進学します。1910年に静岡商業学校を卒業し、早稲田大学商学部予科に進学して東京都新宿区にある高田馬場というまちで下宿します。予科で上級だった洋画家の宮崎省吾(みやざきしょうご)に手ほどきを受け、1912年頃から絵を描き始めました。

1914年に早稲田大学を中退し、カリフォルニア在住の伯父を訪ねアメリカへと旅立ちます。
兄の家に身を寄せながら、レストランで働き、語学学校に通いながら英語を学びました。1年余りでアメリカの西海岸から1916年初頭にニューヨークへと渡ります。ニューヨークでは舞台の背景などを平面的に描いて設置する大道具の仕事、書き割りを生業としていました。この経験が後に構図のセンスにつながったといわれています。
1919年には美術研究所であるアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークに入学します。夜間コースを開催していた講師である画家のジョン・スローンに師事します。1921年には美術研究所を卒業しました。

1922年にニューヨークからメキシコへ渡り、しばらくは聖画の行商を行いました1923年にサン・カルロス美術学校に入学し、三カ月で課程を修了し卒業、1924年にはメキシコシティー郊外のチュルブスコ僧院に附属した野外美術学校のスタッフを務めました。1925年にはメキシコシティー郊外のトランバムの野外美術学校で正規職員として教えはじめ、野外美術学校の生徒の作品展ではメキシコ大統領や文部大臣などが称賛、ヨーロッパにも巡回されてパブロ・ピカソ、アンリ・マティス、藤田嗣治などが称賛しました。
1931年には同学校の校長となりました。

この間の1929年には駐日スペイン大使の娘を看護した縁でスペインを訪れ、同大使のメキシコ転勤の際にメキシコに同行していた日本人看護師の二宮てつ乃と出会い、結婚します。1930年には長女が生まれました。
1933年には南北アメリカを旅行中の藤田嗣治とその妻マドレーヌが、一週間に渡って北川民次の家に滞在したといわれています。

計22年間滞在したアメリカとメキシコでは自由と民主主義を基本的思想とし、メキシコでは銅版画の技術を習得しました。。1936年の42歳の時に野外美術学校を閉鎖、妻子とともに日本に帰国しました。この帰国は、グッゲンハイム助成金を得ることや、長女を日本で教育させるための帰国でした。

帰国後にはまず静岡県に滞留し、その後、妻の実家がある愛知県瀬戸市で1年近く過ごしました。この時、二科展に5点を出品し、藤田嗣治の推薦で二科会会員となりました。

帰国後の数年間は油彩画やテンペラ画以外でも精力的な制作活動を行っており、水彩画や版画でも重要な作品を残しました。当時の日本の洋画壇の中では異質の画風を持ち、北川民次はメキシコ派と呼ばれました。

1944年から終戦までは愛知県立瀬戸高等女学校の図画講師を務め、終戦後は二科展のほかに、美術団体連合展、日本国際美術展、現代日本美術展、国際具象美術展、国際形象展、太陽展などに精力的に出品を行いました。
1949年の夏と1950年の夏には、名古屋市の東山動物園内に名古屋動物園美術学校を開校します。美術学校は好評でしたが、移転の話がなくなり、1951年には名古屋市東山に北川児童美術研究所を設立しました。
この頃には高知・福井・新潟・長野などで美術教育に関する講演を行っています。
1952年には創造美育協会の発起人となり、全国を回り「創造美育運動」のセミナーを開催しました。同年には中日文化賞を受賞。
このように終戦後は壁画制作の研究や美術教育の実践などに力を入れていたため、展覧会への出品数は他の期間に比べて少なかったといわれています。

1968年には瀬戸市に隣接する東春日井に転居し、1970年、前後には母子や花などのエッチングに精力を傾け、1970年の1年間には60点を超える銅版画を製作している。メキシコ時代から水墨画も描いており、1970年前後には水墨画でも多くの作品を残しました。80歳に近づいた1970年代半ばには、新しい画題として静岡県の茶畑を取り入れました。

1978年に二科会会長の東郷青児が死去すると、後任として二科会会長に就任したものの、同年9月に会長を辞任し、1979年には二科会も脱退しました。脱退と同時に画家としても活動を終えると表明したため、これ以後の作品はほとんどなく最晩年の1985年~1987年にアクリル絵の具で色紙に描いた作品が10点ほどあるのみです。
1986年にはメキシコ政府から外国人に対する最高位の勲章であるアギラ・アステカ勲章を授与されました。
1989年に死去。享年97歳でした。

北川 民次 略歴

1894年静岡県に生まれます。
1910年静岡県立静岡商業学校を卒業する。
1910年早稲田大学商学部予科に入学する。
1913年早稲田大学商学部予科を中退し、カリフォルニア在住の伯父の住むアメリカへと渡ります。
1916年ニューヨークへと渡り、舞台の背景などを平面的に描いて設置する大道具の仕事、書き割りを生業として生計を立てます。
1919年美術研究所であるアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークに入学します。
1921年アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークを卒業する。
1922年ニューヨークからメキシコへと渡ります。
1923年メキシコのサン・カルロス美術学校に入学し、三カ月で課程を修了し卒業する。
1924年メキシコシティー郊外のチュルブスコ僧院に附属した野外美術学校でスタッフとして務めます。
1925年メキシコシティー郊外のトランバムの野外美術学校で正規職員として教えはじめる。野外美術学校の生徒の作品展ではメキシコ大統領や文部大臣などが称賛、ヨーロッパにも巡回されてパブロ・ピカソ、アンリ・マティス、藤田嗣治などが称賛しました
1931年トランバムの野外美術学校で校長になります。
1929年二宮てつ乃と出会い、結婚し、翌年に長女が誕生しました。
1936年野外美術学校を閉鎖、妻子とともに日本に帰国します。
1937年二科展に5点を出品し、藤田嗣治の推薦で二科会会員となります。
1944年1944年~終戦までは愛知県立瀬戸高等女学校の図画講師を務めます。
1949年~1950年1949年の夏と1950年の夏には、名古屋市の東山動物園内に名古屋動物園美術学校を開校します。
1951年名古屋市東山に北川児童美術研究所を設立します。
1952年中日文化賞を受賞します。
1964年現代日本美術展に「哺育」を出品し優秀賞を受賞します。
1978年二科会会長の東郷青児が死去すると、後任として二科会会長に就任したものの、同年9月に会長を辞任します。
1979年二科会を脱退します。
1986年メキシコ政府から外国人に対する最高位の勲章であるアギラ・アステカ勲章を授与されます。

北川 民次作品 買取価格相場

洋画家 北川 民次作品の買取り価格相場を公開中!

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

取り扱い版画家一覧

下記の版画家の作品の買取を強化中です。

版画家一覧を見る

北川 民次作品 買取実績

緑和堂で買取らせていただいた北川 民次作品をご紹介

買取実績一覧を見る

査定・鑑定料、出張費すべて無料
お気軽にご来店・ご相談下さい。

フリーダイヤル 電話受付時間 11:00~18:30(水曜定休)

他店でご満足できる値段がつかなかったお品、価値があるかわからないお品など
確かな鑑定眼を持つ鑑定士が高くご評価させていただきます。

  • メールでの無料査定・お問合せ
  • LINEでの無料査定・お問合せ

骨董・美術品 買取品目

確かな鑑定眼を持つ鑑定士が幅広いジャンルの骨董品を買い取ります。

  • 骨董品・古美術品骨董品・古美術品 希少価値、美術的価値のある古美術品・古道具など骨董品全般買い取ります。
  • 絵画・油絵絵画・油絵 有名画家の絵画作品を高価買取中。コレクションの整理などもご相談ください。
  • 掛軸・巻物掛軸・巻物 日本画、古筆、仏画、花鳥画、中国書画など掛軸・巻物全般買い取ります。
  • 人間国宝・帝室技芸員人間国宝・帝室技芸員 人間国宝作家作品、帝室技芸員作家作品、無形文化財作品を高額買取中です。
  • 中国骨董・中国美術中国骨董・中国美術 中国絵画・掛軸・書画・彫刻・陶器など中国骨董美術を幅広く評価致します。
  • 陶器・陶磁器・陶芸品陶器・陶磁器・陶芸品 近現代の陶芸作家、人間国宝作家、人気陶芸作家の陶芸作品を買い取ります。
  • 洋食器・ブランド食器洋食器・ブランド食器 バカラやマイセン・ウェッジウッドなどの洋食器・ブランド食器お売り下さい。
  • 茶道具・茶器茶道具・茶器 茶碗、鉄瓶、茶杓など表千家・裏千家などの流派を問わず茶道具全般買い取ります。
  • 仏像・仏具・仏教美術仏像・仏具・仏教美術 仏像・仏画・仏具・曼荼羅など仏教美術を鑑定買い取り致します。
  • ペルシャ絨毯ペルシャ絨毯 クム・イスファハン・タブリーズなどの有名産地のペルシャ絨毯を高価買取。
  • 屏風屏風 有名作家の屏風・屏風絵の買い取りに力を入れています。
  • 西洋美術・アンティーク西洋美術・アンティーク 銀製品や陶磁器、ガラス製品などの西洋アンティーク・西洋美術品。
  • 書道具・硯・墨書道具・硯・墨 硯・墨・筆・画仙紙・印材などの書道具を高く評価致します。
  • 漆器・漆芸・蒔絵漆器・漆芸・蒔絵 お盆・碗などの食器、硯箱・文庫箱、香合などの漆器・蒔絵、漆芸品全般を買い取ります。
  • 香木・香道具香木・香道具 沈香・伽羅・白檀など香木を高価買取。香炉・香合などの香道具も買い取ります。
  • katana日本刀 刀剣・日本刀を鑑定買取で評価致します。有名な刀匠の日本刀・刀は、高額査定。
  • 脇差脇差 有名刀鍛冶作品の脇差高く評価致します。無銘の刀でも高額査定になることも。
  • 槍 槍の鑑定買い取りお任せ下さい。名工の槍を高価買取中です。
  • 火縄銃・古式銃火縄銃・古式銃 鑑賞用として人の高い、火縄銃・古式銃砲を買取ります。
  • 印籠・根付印籠・根付 根付・印籠買い取り致します。名工が作った根付・印籠は、高価買取。
  • 武具・甲冑・鎧・兜武具・甲冑・鎧・兜 大鎧、胴丸、腹巻、当世具足など武具、甲冑・鎧を買い取り致します。
  • 象牙象牙 根付、印籠、櫛、簪などの象牙製品・象牙工芸品を買い取り強化中です。
  • 鼈甲鼈甲 鼈甲(べっ甲)製の眼鏡、簪や櫛、帯留などの和装品買い取ります。
  • 珊瑚珊瑚 珊瑚(サンゴ)の指輪やネックレス、原木、帯留など高く評価致します。
  • 翡翠翡翠 翡翠(翡翠)の指輪やブローチ、ヒスイの彫刻・置物を買い取ります。
  • 彫刻・ブロンズ・置物彫刻・ブロンズ・置物 彫刻やブロンズ像、木彫彫刻、レリーフ等のブロンズ製品鑑定致します。
  • 金製品金製品 茶釜・急須・置物・仏像などの金製品・金工品を買い取ります。
  • 銀製品銀製品 銀食器、銀杯、銀瓶など銀製品(シルバー製品)を鑑定買い取り致します。
  • 三味線・和楽器三味線・和楽器 三味線・琴・和太鼓などの和楽器、日本伝統の楽器を買い取ります。
  • 尺八・笛・笙尺八・笛・笙 尺八・笛・笙などの和楽器を高額買取中です。
  • 勲章・軍服・軍事メダル勲章・軍服・軍事メダル 国内外の各種勲章、軍事メダルや軍服、軍装品を買い取ります。
  • 万年筆万年筆 モンブラン・ペリカン・パーカーなど人気ブランドの万年筆を買い取ります。
  • 着物・和装小物着物・和装小物 着物や帯・帯留・簪・バッグなど和装小物を買い取り致します。
  • 宝石・貴金属・時計宝石・貴金属・時計 ダイヤモンド・エメラルドなどの宝石、ジュエリー、ブランド時計高価買取中。

掲載の無いジャンルの美術品・工芸品なども買い取り致します。
作家名がわからないお品でもお気軽にご相談ください。

選べる買取方法

店頭買取、骨董品の出張買取の2種類の買取方法をご用意

  • 店頭買取
    店頭へお持込み
  • 出張買取
    ご自宅へお伺い

店頭にお持込みいただく店頭買取の流れ

  1. STEP1 ご来店
    緑和堂店舗にお気軽にお越しください。事前予約も不要です。
  2. STEP2 店頭にて査定
    お持込みいただいたお品を店頭にて査定・鑑定。
  3. STEP3 買取価格ご提示
    査定・鑑定結果をご説明し、買取価格をご提示。
  4. STEP4 お支払い
    その場で現金にてお支払いいたします。

店頭買取の流れを詳しく見る

ご自宅までお伺いする出張買取の流れ

  1. STEP1 お申込み
    お電話・メールフォームよりお問合せ・お申込みください。
  2. STEP2 訪問日のご相談
    ご依頼内容を確認のうえ、出張買取の訪問日を決定します。
  3. STEP3 お伺い・査定
    鑑定士がお伺いし、その場で拝見させていただきます。
  4. STEP4 お支払い
    買取金額をご提示。ご納得いただけましたらお支払いします。

出張買取の流れを詳しく見る

緑和堂』の他社には
絶対真似出来ないつの強み

骨董品・美術品の買い取りで緑和堂が選ばれる理由がここにあります。

取り扱い件数1,000万件以上の確かな鑑定力(エコリンググループ全体)

骨董品を査定している画像

緑和堂は、エコリンググループの豊富な鑑定実績を元に、一点ずつ丁寧に鑑定・評価をさせて頂きます。
査定力・鑑定力では、他の骨董品買取店には負けない絶対の自信があります。
お見積りだけでも喜んでご対応させて頂きますので、コレクションの引取先をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

緑和堂 スタッフ紹介

高額なお取引でも即日現金買取が可能

査定見積もりの画像

個人商店や小規模店の場合、一度に数百万円単位のお取引になると、後日にお買取額を精算するケースがよくあります。
緑和堂では、そういった高額なお取引の場合でも即日現金で、ご対応させて頂きます。
仮に億単位のお買取の場合でも10億円以内でしたら、1週間以内に現金でご用意が可能です。

緑和堂独自の世界販路を生かした高額査定

骨董品の画像

緑和堂では、国内のみならず、アメリカ・中国・香港・ヨーロッパなど世界中に多くの販売顧客、販路を持っております。
海外にも店舗展開をしているエコリンググループだからこそ実現可能な高い評価をお約束致します。
是非、他社との査定金額を比べてみてください。

査定・鑑定料、出張費すべて無料
お気軽にご来店・ご相談下さい。

フリーダイヤル 電話受付時間 11:00~18:30(水曜定休)

他店でご満足できる値段がつかなかったお品、価値があるかわからないお品など
確かな鑑定眼を持つ鑑定士が高くご評価させていただきます。

  • メールでの無料査定・お問合せ
  • LINEでの無料査定・お問合せ