川瀬巴水 作 『品川 版画』をお買取りしました。

川瀬巴水 作 『品川  版画』をお買取りしました。
川瀬巴水 作 『品川  版画』をお買取りしました。
作家名川瀬巴水
作品名品川
買取方法出張買取
ご依頼地域東京都中野区

買取参考価格 60,000

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。

※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

皆様こんにちは緑和堂東京支店です。
本日ご紹介する作品は、川瀬巴水 作「品川」という版画になります。

川瀬巴水さんは東京生まれの大正から昭和初期にかけての木版画家です。
日本各地を巡り、旅情あふれる四季折々の風景版画作品を数多く発表した版画家・川瀬巴水。吉田博や伊東深水と並び、新版画家の中心人物となっています。

巴水さんは1883年、東京・芝に生まれます。若き頃から絵を学び、25歳で家業を親族に任せ画家の道へと進みました。当初は岡田三郎助の元で洋画を学び、その後日本画家・鏑木清方に入門。修行ののち、清方から「巴水」の号を与えられます。

1918年、同じく清方の弟子であった伊東深水さんの版画に興味をもち、版画の世界へと進みました。新版画の出版に意欲的だった渡辺版画店の後援をうけ、初の版画作品を出版。以後、日本を旅しながら作品を出版。生涯で600点以上の木版画を制作しました。

詩情豊かで柔らかな印象を受ける巴水さんの作品は、日本のみならず海外でも人気となり、欧米では北斎や広重に並ぶとまで称されています

今回の作品である品川は昭和6年(1931)に作成されたもので、「東海道風景選集」という26図からなるシリーズの1点になります。東海道風景選集は傑作集と言われるほど川瀬巴水さんの作品の中でも高い評価を得ている作品です。その中の一枚である「品川」はシリーズ内で代表的な一枚とされています。そういった背景から今回の作品は上記の買取り金額となっています。

版画買取はこちら

東京都中野区の出張買取のご案内

査定・鑑定料、出張費すべて無料
お気軽にご来店・ご相談下さい。

フリーダイヤル 電話受付時間 11:00~18:30(水曜定休)

他店でご満足できる値段がつかなかったお品、価値があるかわからないお品など
確かな鑑定眼を持つ鑑定士が少しでも高く買い取らせていただきます。

  • メールでの無料査定・お問合せ
  • LINEでの無料査定・お問合せ