永楽善五郎 作『仁清写 茶碗』をお買取り致しました。

永楽善五郎 作『仁清写 茶碗』をお買取り致しました。
永楽善五郎 作『仁清写 茶碗』をお買取り致しました。
作家名永楽善五郎
作品名永楽善五郎 作『仁清写 茶碗』
買取方法出張買取
ご依頼地域愛知県豊田市

買取参考価格 28,000

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。

※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

皆様、こんにちは。 緑和堂 名古屋支店でございます。
今回、ご紹介させて頂くお買取り商品は永楽善五郎 作『仁清写 茶碗』になります。

こちらは豊田市にお住いのお客様より出張買取のご依頼をしていただき、お買い取りさせて頂きましたお品物になります。 

永楽善五郎は千家十職の一つである土風炉・焼物師であり、代々土風炉や茶碗を制作している京焼の家元です。

千家十職とは千家の流れを汲む茶の湯の道具を代々に渡って制作する人たちのことを呼び、この「千家十職」という呼び名は、大正時代に、茶道界の復興と飛躍的に茶道具制作の需要が増えた時に、百貨店での展覧会の呼称としてはじめて用いられ、今日まで広く知れ渡ったものです。

永楽家はもともと、初代の宗禅から十一代保全までは西村家を名乗っており初代宗禅は室町時代に奈良県の春日大社で日曜雑貨等を作っておりましたが晩年に武野紹鴎からの依頼で土風炉を制作するようになってことで土風炉師・善五郎を名乗るようになります。九代目までは土風炉の制作をしておりましたが、一〇代了全は天明の大火により全焼した西村家の工房を整備したり、多彩な作品を作ったことで焼物師と認められたりする等の功績を残します。

十一代の保全は永楽の家祖となり、京焼の技術を習得したのち、紀州徳川家から御庭焼窯に招かれ作品を献上すると、その高い技術力が十代藩主であった徳川治宝に認められて、永楽の銀印と河濱支流の金印を褒美としてもらい、江戸から明治に時代が変わっていく際に、正式に姓を変えて永楽保全が誕生することになります。以降、現代の十七代まで代々永楽の名を受け継いでおり、その作風は交趾(こうち)、金襴手(きんらんで)、仁清写(にんせいうつし)などの永樂様式は華やかな趣向でありながら「お茶にかなった」美しい器として人気が高いものとなっております。

今回のお品物は、仁清写の品物ということ、傷や汚れも無い状態で、専用の木箱もありましたので、今回のお買い取り金額となりました。共箱がない場合や状態によっては価格が変動致しますのでご了承下さいませ。

緑和堂では、永楽善五郎の作品を強化買取中でございます。
もちろん、それ以外のお品物も買取可能ですので、ご自身のコレクション整理やお片付けで出てきたお品物等ございましたら、是非お気軽にお問合せ下さいませ。
お客様からのお問合せ心よりお待ちしております。

茶道具・茶器買取はこちら

愛知県豊田市の出張買取のご案内

査定・鑑定料、出張費すべて無料
お気軽にご来店・ご相談下さい。

フリーダイヤル 電話受付時間 11:00~18:30(水曜定休)

他店でご満足できる値段がつかなかったお品、価値があるかわからないお品など
確かな鑑定眼を持つ鑑定士が少しでも高く買い取らせていただきます。

  • メールでの無料査定・お問合せ
  • LINEでの無料査定・お問合せ