宋紫岡作 『花鳥掛軸』をお買取り致しました。

宋紫岡作 『花鳥掛軸』をお買取り致しました。
宋紫岡作 『花鳥掛軸』をお買取り致しました。
作家名宗紫岡
作品名
買取方法出張買取
ご依頼地域千葉県千葉市

買取参考価格 35,000

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。

※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

皆様こんにちは。好きな金魚は土佐錦な緑和堂関東エリア担当です。土佐錦のフリルのような尾びれ、綺麗ですよね。

さて、本日はそんな金魚が描かれた作品をご紹介します。

こちらは江戸期、南蘋(なんびん)派の紫岡宋琳・号 宋紫岡によって描かれた花鳥画の掛軸です。紫岡は南蘋派の代表的な絵師、宗紫石の孫にあたる人物で、父の紫山とともに親子三代で南蘋派として活躍しています。

今回の作品も、写実的な花鳥画という典型的な南蘋派の描法で描かれています。鮮やかな色彩で描かれるオウムと金魚、どことなく涼やかで観ていて落ち着きますね。

ちなみに江戸時代でガラスの金魚鉢というイメージ、現代の感覚からすると時代に似合わない気がしますが、江戸期は金魚の鑑賞文化が庶民にまで広がり、それと同時に南蛮由来のビイドロなどと呼ばれる透明ガラスも普及し始めた時期です。金魚鉢と金魚の歴史は意外と長いですね。

今回の作品は代表的な紫石のものではなく、孫の紫岡のものでしたが、人気のある中国風の写実花鳥画ということで、こちらのお値段をつけさせていただきました。
緑和堂では大観や栖鳳といった著名な作品だけでなく、こういったマイナーな画家作品も数多くお取り扱いしていますので、お気軽にお声かけ下さい。

 

掛軸・巻物買取はこちら

千葉県千葉市の出張買取のご案内

査定・鑑定料、出張費すべて無料
お気軽にご来店・ご相談下さい。

フリーダイヤル 電話受付時間 11:00~18:30(水曜定休)

他店でご満足できる値段がつかなかったお品、価値があるかわからないお品など
確かな鑑定眼を持つ鑑定士が少しでも高く買い取らせていただきます。

  • メールでの無料査定・お問合せ
  • LINEでの無料査定・お問合せ