彼末 宏 作『桃』をお買取り致しました。

彼末 宏 作『桃』をお買取り致しました。
彼末 宏 作『桃』をお買取り致しました。
作家名彼末 宏
作品名彼末 宏 作『桃』
買取方法出張買取
ご依頼地域愛知県豊明市

買取参考価格 280,000

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。

※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この査定金額になった理由

皆様、こんにちは。 緑和堂 名古屋支店でございます。
今回、ご紹介させて頂くお買取り商品は彼末 宏 作『桃』になります。

豊明市にお住いのお客様から出張買取のご依頼をしていただき、お買い取りさせて頂きましたお品物になります。

暗色の画面の中に浮かぶ鮮やかな色彩  

晩年の作品に多くみられたこの配色が、画家・彼末宏の代名詞といえるものです。

彼末 宏は1927年に東京に生まれました。
その後北海道に移り、1945年には陸軍士官学校へ進みますが、まもなく志望を転向、東京美術学校の入学試験を受けます。面接試験で画家・梅原龍三郎に告げた志望動機は「小さいころから美術が好きだったから。」しかし、この年の試験では合格できませんでした。翌年再度受験し、梅原に同じ答えを告げます。梅原がどう評価したのかはわかりませんが、この年の試験には無事合格し、梅原の元で絵を学びました。成績は非常に優秀で、1952年に首席で卒業しています。卒業後も学校に残り、油絵科の助手を務めています。また同時期に国画会に出品した作品が、新人賞・国画会賞を獲得しています。この頃の作品はまだ色彩も明るく多色で、シャガールやクレーを思わせるものでした。

1958年、西欧学研究所の後援をうけ、ヨーロッパへ留学します。抽象画最盛期のヨーロッパで彼末も様々な作品を目にしたのではないでしょうか。帰国後の1960年には国画会で会友賞を獲得し、会員となりました。1970年代、高度成長期となり社会が明るくなる中、彼末の作風は暗色が強いものとなっていきます。しかし黒基調の画面の中には透明感があり、浮かびあがる対象の姿は幻想的な仕上がりとなっています。

後進の育成にも積極的で、長年東京藝術大学で教壇に立っています。

今回のお品物は彼末 宏の作品で、保存状態も大変良く、専用の箱もあった為、今回のお買取り金額となりました。

お品物自体の状態によっては価格が変動致しますのでご了承下さいませ。

緑和堂では、彼末 宏の作品を強化買取中でございます。
もちろん、それ以外のお品物もお買取いたしておりますので、ご自身のコレクション整理やお片付けで出てきたお品物等ございましたら、是非お気軽にお問合せ下さいませ。
お客様からのお問合せスタッフ一同、心よりお待ちしております。

油絵・油彩買取はこちら

愛知県豊明市の出張買取のご案内

査定・鑑定料、出張費すべて無料
お気軽にご来店・ご相談下さい。

フリーダイヤル 電話受付時間 11:00~18:30(水曜定休)

他店でご満足できる値段がつかなかったお品、価値があるかわからないお品など
確かな鑑定眼を持つ鑑定士が少しでも高く買い取らせていただきます。

  • メールでの無料査定・お問合せ
  • LINEでの無料査定・お問合せ